木村工房の新着情報

木村工房の新築施工例、リフォーム施工例からオーダー家具、 オーダーキッチン、オーダーカーテンなどのインテリアまで新着情報を掲載。

木村工房の新着情報

木村工房の新築施工例、リフォーム施工例からオーダー家具、 オーダーキッチン、オーダーカーテンなどのインテリアまで新着情報を掲載。

トップページ
お知らせ
これからの季節、結露対策に。意外と知らない窓のこと
インプラス1 インプラス2 スペーシア ウィンドーラジエーター

これから冬になるとエアコンやファンヒーターなどを使うと結露で窓まわりがビチョビチョになっててげんなり・・・・。毎日せっせと結露を雑巾で拭いたり、結露防止用スプレーを吹き付けるというのも手ですが、毎日お手入れが大変ですよね。
室内の暖かい空気が窓際で冷やされ、空気中にふくみきれなくなった水蒸気が水滴になったものが結露です。いわば冷えたビールをコップに注いだときに表面に水滴がつくのと同じ原理ですよね。
どころで結露そのものよりも気をつけなければならないのは、結露による二次被害です。内装建材の腐れやカビやダニの発生、それによるアレルギー症状・・・。健康に被害が出る前に、結露を賢く防ぎましょう。
では結露を防ぐ一番手っ取り早い方法は、温度、温度差、湿度をコントロールすること。では具体的な解決策は・・・? ①水蒸気を発生を抑える  ②乾燥除湿すること  ③窓を断熱性のあるガラスに交換すること  ④窓を二重窓にする


①水蒸気を発生を抑える
水蒸気を発生させる石油ストーブやガスファンヒーターなどをやめ、水蒸気の発生させない電気ストーブやエアコン、床暖を使用する。人間の体や観葉植物からも水蒸気が発生されるので換気が必要です。

②乾燥除湿すること   こまめに換気すること。また除湿機で乾燥除湿したり、内装材を吸湿性能の高いものに変えるなどの方法があります。

③窓ガラスを断熱性のあるものに替える
冬に暖房をしていても足元や窓がひんやりして暖かくない。それは窓の断熱性能が低いことによって起こる現象です。冬場の室内熱損失の約50%は窓開口部からと言われています。ですから窓面の断熱性や機密性を高めることは熱エネルギー損失を抑え、省エネにもなります。
断熱性能の高いエコガラス(例えば今回ご紹介のスペーシア(日本板硝子))は一枚ガラスの4倍、一般複層ガラスの約2倍の断熱性能があります。 (スペーシア / 日本板硝子)

④窓を二重窓にする
今ある窓のもう一つ窓をプラスするだけで、断熱効果が得られ、なおかつ防音効果が得られる結露軽減につながる二重窓。二重窓にすると、一枚窓と比較しておよそマイナス40デシベルの防音効果が得られます。「暑い」「寒い」「うるさい」が解消される上、窓が二重になる分、ロックが2つになるので防犯性もアップします。( インプラス / トステム、 インナーウィンドまどまど / 旭硝子)

●番外編 窓を温める
窓辺からの冷気の進入を抑えて暖房効率を高めるウィンドーラジエーター。窓下におき、上昇気流を発生させて室内に入ってくる冷気をシャットアウト。窓の幅に応じて本体がスライド式に伸縮するので便利です。一般の暖房補助アイテムとして導入されるのも一案です。( ウィンドーラジエーター / 森本エンジニアリング)

なお、①②の窓ガラスを取り替える、二重窓にするなどの窓リフォーム。これらは「窓の省エネリフォーム減税対象」になり所得税が10%減税されますのでチャンスです。